米国大学院での初授業|ランケンの経済英語スクール

経済英語スクールとは

初めての大学院の授業

大学院に入った最初の時は大変な思いをしました。。。
当時のランケンはTOEFLだけは高かったんですが、それはグラマーとリーディングでたたき出したみたいな無理やり感満点でした。
リスニングが偏差値50ですからね。。。


そんなんで、大学院の授業なんか聞こえる訳がない。
講義時間が90分とかあるんですが、90分間一回も聞き取れないんです。
最後に今週の宿題なんて出されるんですが、宿題の範囲すら分からない。。。


これには参りました。。。
絶対に卒業出来ないと思った。
やっぱりリスニング無しでほとんど喋れないのに大学院に入っちゃダメだぁなんて改めて再確認。
スゴイ焦りましたね。。。


アメリカの大学院では成績の平均が3.0以上を求められます。
日本で言うとB以上。


授業も聞こえないのに、どうやってそんないい点数を取るよ???
一学期目にして負け決定か???


I am gonna get screwed up...

終わってる。。。




ページの先頭へ