留学に必要なTOEFLのレベル|ランケンの経済英語スクール

経済英語スクールとは

留学に必要なTOEFLレベル

アメリカの大学に入るには、当然ながら英語力が求められます。
どれぐらい高いレベルかと言うと下が目安になるとされていました。
下はあくまでも最低点でして、これがクリア出来れば合格ってもんではありません。


必要十分条件で言うと必要条件になります。


Community College TOEFL 450点 (TOEFL コンピューター版 133点)
大学の学部 TOEFL 500点 (TOEFL コンピューター版 173点)
大学院理系 TOEFL 550点 (TOEFL コンピューター版 213点)
大学院文系 TOEFL 600点 (TOEFL コンピューター版 250点)


ランケンは理工系で大学院に行かないと意味がないと考えていましたので、最低でもTOEFL 550点は取ろうと考えていました。
第一志望だったUniversity of Washingtonでは理系であっても600点は必要みたいな感じ。
でも、勉強を思い立った時は430点。。。


TOEFLは3科目(リーディング、グラマー、リスニング)の偏差値の平均を10倍して表されていますので、430点は偏差値43。。。
これを偏差値60にしないといけない訳です。。。


しかもTOEFLは世界中の留学したい人ばっかり受験してるテストでして、スイス人やフランス人も受験してるんです。
つまり、結構ネイティブに近い人も受けてる訳で、受験生全体としてのレベルが高い。
当時のランケンも普通の日本人の中なら偏差値50は届くと思うのですが、43まで下がっちゃうのはそういう理由です。


Oh, No... Cannot make it...


ダメでしょ。。。







ページの先頭へ