リスニング出来ずに勉強漬け|ランケンの経済英語スクール

経済英語スクールとは

勉強、勉強、勉強

大学院の授業が始まってすっごい焦燥感を覚えたランケン。
リスニングなんて、アメリカに住んでればすぐつくかと思いきや、とんでもない。。。
リスニングが出来るようになる前にドロップアウトしそう。。。


大学院の授業なんてやっぱり高度で日本語で読んでもよく分からんと言うようなのが英語で書いてある。。。
当たり前すぎます。。。
でも、ランケンは英語も分からない。。。
ほとんど冗談みたいな状況に陥りました。


でも、親にもお金出してもらってるし、何よりもアメリカの大学院を失敗して日本に帰ったって就職先なんてないですよね。
日本で大学出てアメリカに留学しましたけど、英語が分からなくてドロップアウトして帰ってきましたなんて、通用する訳がない。。。
いよいよ追い詰められてきました。。。


日本を出る時に恐れていたことが現実に迫ってきました。
当たり前すぎる事がやっぱり起きる。。。
なるべくしてなってます。。。



方程式ってのは失敗するためにあるもんだろうかって思いましたね。

計算どおりに恐れていたことが全て起きる。。。

まったくもって予定通り。。。

予想外の事なんて何1つありゃしない。。。



マーフィーの法則を実感しましたよ。

悪い事は最悪のタイミングで起こる。。。



そんなん分かってたんだから、もうやれるだけやってダメならしょうがない!って腹を括りました。
腹を括るような話ばっかりでサバイバルとはマジでこの事。
しょうがないから勉強、勉強、勉強。


リスニングが出来ない以上は、教授の所にもフラッと言って聞いてくるって訳にはいきません。
頼るは教科書のみ。
幸いにしてアメリカの授業ではシラバスと言うものが必ず出されます。


シラバスって学習計画ですね。
毎回の授業範囲と宿題やテストまで書かれています。


このシラバスのお蔭で助かりました。
もう、当日の授業範囲は100%予習していく。
どうしても分からなかったら聞きに行くみたいなのを繰り返してました。


寝る時間も惜しんでガリ勉してましたねぇ。
一生であんなに死にもの狂いで勉強したことはなかったです。



Study hard...




ページの先頭へ