英語の勉強法2:好きな記事を読む|ランケンの経済英語スクール

経済英語スクールとは

英語の勉強法2

リーディングはやっぱりたくさん読むしかないんですが、好きな英語をたくさん読めばいいと思います。
普段、仕事をしていたり忙しくしてると興味ない勉強なんてなかなか続けられませんよね。
好きな英語を読むなんて当たり前と言えば当たり前の勉強方法に聞こえるかもしれません。


でも、本当にやってますか?
英語の新聞を読むようにしてるって方もいらっしゃるでしょう。
その新聞のどこを読んでますか?って聞かれて答えられる人はこのサイトには来ないでしょう。


英字新聞を買ったら全部読もうと思わないほうがいいです。
為替に関する記事だけ毎日読むとか、株に関する記事だけ毎日読むとかしてください。
他は読まなくていいです。


それよりも毎日同じような中身の英語だけを読む。
そうすると、同じような単語ばっかり使ってることに気が付きます。
最初は知らない単語ばっかりで、1つのパラグラフを読むのもツライかもしれません。


でも、同じような英語ばっかり出てきたら段々と覚えていくものです。
特に経済に関する記事で為替とか株に関しては上がったか下がったかしか基本的にはありません。


その他は、アナリストのコメントだとか上がったり下がったりの理由だけなんです。
この理由の部分はリテラシーないと読みこなせない事も多いですが、そこまで踏み込もうとはしなくてもいいです。


英語の勉強と言う所では、まずは得意な英語の範囲を作る事。
それを少しずつ広げるのがいいですよ。
ある程度、広げる事が出来たら、そっから先は何でも行けます。


小さい子供がオモチャに関してだけしゃべってるのと似ていますよね。





ページの先頭へ