海外留学を検討するも英語が苦手|ランケンの経済英語スクール

経済英語スクールとは

英語と進路


大学の2年前期が終わったころ、真剣に海外留学を考えました。
このままあと2年ぐらい大学に残って就職していくのが、なんとなくつまらなく感じました。
加えて、景気も悪かったんですね。
今も景気悪くて就職が厳しいですが、当時も決してよくはなかった。


理系なので大学院って選択肢もあったんですが、2年の前期終わった時点で、もう全然興味がなくなってたのが自分でもわかりました。
学部生としての4年間に加えて同じような2年間を更に加えるのか、おれ?みたいな。。。
多くの学生がそうするのは分かってたし、それが硬い人生というものかもしれません。


でも、何か面白そうな事にチャレンジしたいって思いが自分の中に強く湧き出してきました。
一方で、現実的に可能なんだろうか?
留学って言ったって、交換留学や語学学校から、短大(Community College)、学部編入、大学院まで色々とあります。
どうする?


正直に言うと、とりあえず就職したくないなぁって思いもあったです。。。
アメリカ旅行楽しかったし、外人と喋れなかったけど、まぁ何とかなるもんだって思いもあった。


で、ちょっと調べてみたりはして1つ分かったことは、当時は割と円高だったのでアメリカの大学の授業料って、日本の大学の授業料と変わらないって事。
しかも、生活費は東京で一人暮らししてるんだったら、アメリカの方が実は安かったりする。
飛行機代とか、その他の諸経費入れても変わらなくない?って感じになってました。


大学生活に2年目にしてうんざりしていたランケンは、こりゃぁ海外に行った方が自分の成長につながるんじゃないかなぁって考えました。
就職とかでは圧倒的に有利に立てる英語は少しは良くなるだろうと計算。


でも、英語、苦手。。。
アメリカに留学して授業なんかムリでしょ。。。
などと、色々悩んでました。


My college life sucks...

大学生活にウンザリだ。。。





ページの先頭へ