英語が苦手だった講師が教える|ランケンの経済英語スクール

経済英語スクールとは

英語が苦手だった英語講師

英語が好きな人って多いですよね。
正直、うらやましい。。。
講師のランケンは実は英語が苦手でした。。。


そもそも、英語があんまり得意じゃないから日本で卒業した大学も理系に進んだって位です。
そのランケンがなんでまたアメリカの大学院なんかに進んだかって話を書きます。


英語の授業って中学から始まったんですが、小学生の頃から算数は得意だったものの暗記モノは大嫌いでした。
社会科とか理科は超苦手。
一番、嫌いだったのが、歴史とか。
ストーリーも意味も分からず人の名前覚えさせられる奴が大嫌いでした。(歴史は本当はストーリーのあるもののはずなんですが、どうも学校で勉強する歴史ってストーリー性が薄くて。。。)


まして、英語なんて訳の分からないアルファベットの羅列を覚えるのが超苦手。。。
英数国の主要三教科(今もそう言うのかな。。。)では、英語が最悪でした。
偏差値とか50届かなかったもん。。。
平均以下。。。


高校に進んでも相変わらず英語は苦手でした。。。
大学受験もあって受験英語は多少やって、少しリカバリー。
それでも、理系で大学受験してるので、まぁたかが知れてます。


でも、大学受験ぐらいになるとお父さんの都合で海外に住んでたぁなんて人がいるじゃないですか。
あれには、閉口したなぁ。
全然、フェアーじゃないって思ったものです。


大学に入ると、大学の授業のツマラナサに愕然としてました。
私大理系でしたが、授業がなんのこっちゃ分からん。。。
でも、一人暮らしは満喫してて、それなりに学校の単位も苦しみながらも取っていました。


でも、1年もしたら何か大学で4年間過ごす意味が分からなくなってきた。
決してエキサイティングな大学生活でもなかった。。。
理系って女の子少ないんですよね。。。(と言うか、ほとんどいなかった。。。)


このまま、4年間過ごして卒業して、どっかに就職してって考えると、イマイチだなぁなんて漠然と思ってました。


I used to hate English...







ページの先頭へ