米大学を無事に卒業|ランケンの経済英語スクール

経済英語スクールとは

大学、無事卒業

2月で英語の点数はクリア出来ましたが、次の難関は卒業です。
後期試験は卒論入れて34単位だったかな。
普通は3年終了時点で専門科目は全部終わって4年では授業なんか出ないで卒論に没頭なはずです。


目一杯授業がありました。。。
しかも、難しいのばっかり。。。
更に必須教科もあって、これは落とすと単位数が足りても卒業できない。。。


これで卒業が出来ないと既に出した願書は全部パーになります。

就職先もない。。。

綱渡りもいい所です。。。


友人などは4年生の前期で150あったりして余裕しゃくしゃくで卒業旅行などに行きだす頃。
ランケンは一生懸命に卒業のための勉強をしてましたとさ。。。


卒業式は3月下旬。
その前に後期の成績が送られてきます。
必要な単位数は136。


返ってきたのは単位数は137(爆)
いやー、通ったぁ(笑)
超ギリギリー。
マジであっぶねぇー。


見事なまでにCがいっぱいあります。
大学4年間でここまでCを並べた事もないぐらいCがいっぱい。
ウルトラC完成です!


無事、卒業式にも出れる事になり、卒業式はさすがに心配した友人が卒業できたんだぁ、おめでとうって皆で言ってくれました。(苦笑い)
で、留学の方はどうなったのぉって話になります。


その頃、1通だけ合格通知が実は来てました。
英語学校です。。。
ま、行くところはある訳で、曲がりなりにも進路と言えなくはない。。。。


2月から3月にかけて出すアメリカの大学院の結果は、だいたい5月から7月に戻ってきて10月ぐらいから正式に入学となります。
そんな訳で大学は無事に卒業しました。



しかし、あいかわらずどこに行くかは分かりません。。。

卒業式はちょっと寂しかったのを覚えています(笑)





ページの先頭へ